薬剤師仲間のはなし


by bzhprkpgwq

<高速無料化>実験28日開始 宮崎2区間を年内追加(毎日新聞)

 前原誠司国土交通相は15日の閣議後会見で、全国37路線50区間の高速道路を対象にした無料化社会実験を28日午前0時から始めると発表した。期間は来年3月末まで。

 また、現在整備中で、今年中に供用開始予定になった宮崎県内の2区間計26キロを対象に追加することも明らかにした。

 追加区間はともに東九州自動車道の高鍋−西都間(7月17日供用予定、12キロ)と、門川−日向間(12月供用予定、14キロ)。すでに発表済みの無料化区間の延伸部に当たるため、開通後は同区間も無料にすることにした。これで無料化対象区間は計1652キロになり、全国の有料区間の約2割に当たる。自動料金収受システム(ETC)搭載の有無にかかわらず、全車種が対象になる。

 国交省では実験を通じて、交通量の変化や地域経済への効果、他の交通機関への影響などの調査、分析を行う。実験結果を踏まえて、11年度以降の無料化対象区間を決める方針。有料区間は、「全日上限2000円」など新たな車種別上限料金制度の導入のめどが立たず、当面は従来の「休日普通車1000円」などの現行料金体系が継続される。【寺田剛】

【関連ニュース】
高速道路:新上限料金、6月導入を断念 前原国交相
高速道路:5社社長、民間から 政府「脱天下り」アピール
高速無料化:社会実験28日から 37路線50区間対象に
中日本高速会長:新料金先送り「理解できる」
社説:高速新料金見送り 党内対立のツケ回すな

雑記帳 人間向け「鹿せんべいアイス」が人気…奈良(毎日新聞)
19日に過労死110番(時事通信)
日露海戦の詳細記述…秋山真之の書簡を寄託(読売新聞)
<水難>兄弟がゴムボートから転落 福岡・遠賀川(毎日新聞)
<日進市>障害者の報告書回収へ 意見集約で不適切処理(毎日新聞)
[PR]
by bzhprkpgwq | 2010-06-15 20:28