薬剤師仲間のはなし


by bzhprkpgwq

カテゴリ:未分類( 38 )

 前原誠司国土交通相は15日の閣議後会見で、全国37路線50区間の高速道路を対象にした無料化社会実験を28日午前0時から始めると発表した。期間は来年3月末まで。

 また、現在整備中で、今年中に供用開始予定になった宮崎県内の2区間計26キロを対象に追加することも明らかにした。

 追加区間はともに東九州自動車道の高鍋−西都間(7月17日供用予定、12キロ)と、門川−日向間(12月供用予定、14キロ)。すでに発表済みの無料化区間の延伸部に当たるため、開通後は同区間も無料にすることにした。これで無料化対象区間は計1652キロになり、全国の有料区間の約2割に当たる。自動料金収受システム(ETC)搭載の有無にかかわらず、全車種が対象になる。

 国交省では実験を通じて、交通量の変化や地域経済への効果、他の交通機関への影響などの調査、分析を行う。実験結果を踏まえて、11年度以降の無料化対象区間を決める方針。有料区間は、「全日上限2000円」など新たな車種別上限料金制度の導入のめどが立たず、当面は従来の「休日普通車1000円」などの現行料金体系が継続される。【寺田剛】

【関連ニュース】
高速道路:新上限料金、6月導入を断念 前原国交相
高速道路:5社社長、民間から 政府「脱天下り」アピール
高速無料化:社会実験28日から 37路線50区間対象に
中日本高速会長:新料金先送り「理解できる」
社説:高速新料金見送り 党内対立のツケ回すな

雑記帳 人間向け「鹿せんべいアイス」が人気…奈良(毎日新聞)
19日に過労死110番(時事通信)
日露海戦の詳細記述…秋山真之の書簡を寄託(読売新聞)
<水難>兄弟がゴムボートから転落 福岡・遠賀川(毎日新聞)
<日進市>障害者の報告書回収へ 意見集約で不適切処理(毎日新聞)
[PR]
by bzhprkpgwq | 2010-06-15 20:28
 巨額の生活保護費をターゲットに、困窮者の背後でうごめいていた貧困ビジネスの一端が、大阪府警の相次ぐ摘発で明らかになりつつある。代表らが逮捕された複数のエセ支援団体に共通するのは、賃貸住宅の敷金(礼金)扶助をだまし取った点。公費で負担される引っ越し代や家財道具代を含めると「転居1回50万円が相場」とされ、貧困ビジネスの主要な“収益源”となっていた。大阪市が「要注意」と警戒する団体・業者は少なくとも30を数える。申請者の物色は今も続き、生活保護の土台を大きく揺るがしている。

 ■実は「ゼロゼロ物件」

 「礼金を上限まで申請してください。冷蔵庫をプレゼントできますよ」

 平成21年夏の大阪・難波。都会の片隅で路上生活をしていた男性(54)に近くの不動産仲介業者がこう持ちかけた。業者のチラシには「福祉(生活保護)の相談に乗ります」の文言。連れて行かれたのは区役所の申請窓口だった。保護の受給と入居物件が決まると、市から礼金として受け取った25万円は言われるがまま業者に渡した。

 男性はこの2年前、愛知県内で派遣切りに遭った。職探しに来た大阪で手配師に声を掛けられ、今度は四国に。厳しい肉体労働を強いられて給料もピンハネされた。逃げ帰った大阪で“支援”を申し出たのが、先の不動産業者だった。

 斡旋(あっせん)されたワンルームマンションの家賃は月3万4千円。陽も差さない地下の一室をあてがわれた。しばらくして、敷金・礼金の不要な「ゼロゼロ物件」だと気がついた。

 「冷蔵庫はどうなったのか」。業者に問い合わると「25万円は『礼金』。そんなの出ませんよ」と手のひらを返された。男性は「25万円は業者が懐に入れたのだろう。悔しかった」と振り返った。

 ■それでも感謝…

 行政にとって要注意でも、受給者が「保護を受けさせてくれた」と恩義に感じるケースも少なくない。貧困ビジネスはこの心情に乗じ、転居の指示に従わせて継続的に保護費を得る。

 大阪市旭区のマンションに住む男性(61)は、自動車修理や建築業など職を転々とするうち生活苦に陥った。知人から西成区の団体を紹介され、保護を申請したのが約3年前。「あの団体がなければ、飢え死にしていたかもしれない」と率直に明かす。

 一方で、団体の指示により、別の区に転居したこともあった。なぜ引っ越すのか、説明はなかった。「団体の代表が保証人になってくれた。嫌とはいえない。敷金などは役所が出してくれたはず」と話した。

 ■今後も拡大か

 敷金扶助が狙いだったのか。この団体の代表者は「路上生活者の支援に一定の経費がかかるのは事実。ゼロゼロ物件と思って斡旋しても実際は誇大広告で、いろいろ条件がついて費用が必要になる場合もある。ピンハネはしていない」と主張した。

 長年、困窮者支援に取り組んできた市内の団体幹部は「生活保護関連のビジネスで、悪質か、そうでないかの線引きは難しい。底辺にいる人には、天使でも悪魔でも救いあげてほしいという考え方もある」と指摘。「国が生活保護以外に路上生活者を救う仕組みを持たない以上、貧困ビジネスは今後も拡大していくのではないか」と危ぶむ。

【関連記事】
貧困ビジネス 別の自称NPO代表も逮捕 生活保護費詐取の共犯
施設入所拒否を指南 自称NPO、生活保護者囲い込む
そそのかされ偽装転居…困窮訴え再び生活保護 貧困ビジネス容疑者
わしらを商売に…生活保護支給日、業者の姿も 貧困ビジネス
大阪市、貧困ビジネス排除乗り出す 生活保護悪用の30業者・団体
「はやぶさ」帰還へ

<阿久根市長>職員、市議らのボーナス半減を専決処分(毎日新聞)
「子宮頸がん」で市民公開講座(医療介護CBニュース)
首相、韓国支持表明へ 哨戒艦沈没犠牲者に献花(産経新聞)
<暴力団観戦>相撲協会に調査指示…文科相(毎日新聞)
不同意堕胎 医師が関与認める 警視庁、慈恵医大病院を捜索(産経新聞)
[PR]
by bzhprkpgwq | 2010-06-04 13:04
 阿久根市の竹原信一市長が、同市公平委員会による「違法」との判定に従わず、降格させた職員3人を元の役職に戻していない問題で、自治労県本部の弁護団が25日、判定に従うよう要請する「通知書」を竹原市長あてに郵送した。到着後1週間以内に竹原市長が態度を改めない場合、地方公務員法違反容疑で鹿児島地検に告発する方針。

 公平委は判定翌日の2月24日、地方公務員法に基づき、竹原市長に対し3人を元の役職に戻すよう指示したが、竹原市長はこれを拒否。弁護団は、今月24日で市長側の再審請求期限(3カ月以内)を過ぎたため、通知書の送付に踏み切った。地方公務員法は「指示に従わない場合、1年以下の懲役または3万円以下の罰金を科す」と規定している。

 判定書によると、竹原市長は09年4月の人事異動で10人を降格。この際、地方自治法の規定に反し、処分理由を記した「説明書」を交付しなかった。これに対し、課長補佐級に降格された元課長ら3人が同5月「正当な理由がなく不利益を被った」と市公平委に不服申し立て。竹原市長は「適材適所の人事」と反論したが、判定書は「処分の理由を記載した書面を交付しておらず違法」とした。【福岡静哉】

「HIV検査普及週間」を実施(医療介護CBニュース)
口蹄疫移動制限、えびの市で解除に向け感染検査(読売新聞)
米国務長官「北の挑発行為には報いがある」(産経新聞)
伊良部元投手、米で酒気帯び運転逮捕(読売新聞)
ダイヤ鑑定、評価かさ上げ? =業界団体が調査(時事通信)
[PR]
by bzhprkpgwq | 2010-05-27 23:00
 厚生労働省は14日、健康保険組合に加入する29の独立行政法人(独法)が、職員の健康保険料の負担を半分より少なくしていたと発表した。

 国家公務員の場合、労使は折半し、民間でも中小企業のサラリーマンは労使折半だ。

 独法には公金が投入されているため、長妻厚労相は各独法の所管省庁に見直しを求める。

復元住居を壊す、中学生送検=器物損壊容疑―静岡県警(時事通信)
賞味期限切れ菓子5箱、1か月間にわたり販売(読売新聞)
<事業仕分け>第2弾後半 70法人、82事業を対象に(毎日新聞)
転倒三宅雪子議員に批判殺到 車イス・松葉杖「わざとらしい」(J-CASTニュース)
女子生徒にみだらな行為=24歳教諭、容疑で逮捕−千葉県警(時事通信)
[PR]
by bzhprkpgwq | 2010-05-19 03:13
 「近年スズメを見かけなくなった」との声がバードウオッチャーの間で相次いでいるため、「日本野鳥の会東京」(東京都新宿区)は、東京都千代田区の日比谷公園で今後、10年間に及ぶ全数調査を始めることになった。スズメは身近な存在になっていることが裏目に出て、長期的な調査がほとんど行われていない。第1回は15日午前8時に実施する。

 スズメの数については、立教大の研究チームが、農作物被害面積の減少率などから、半世紀前に比べ10分の1に落ち込んだ可能性を指摘。原因として、都心部を中心に巣作りに向いた木造住宅の減少や、餌場となる空き地や草原が減ったことが考えられている。

 しかし、個体数は、ガンカモ科の水鳥やタンチョウのような希少種と違い、調査が乏しく、よく分かっていないのが実態だ。

 そこで、野鳥の会東京は、春の繁殖期と越冬期の年2回、再開発が進む都心にあり、遊歩道を歩きながら野鳥の数を確認しやすい日比谷公園で調べることにした。調査は10年間続ける予定で、スズメの数を記録するほか、他の野鳥の種類や数、外敵のネコの数も把握し、減少の原因を探る。

 中村一也代表は「スズメは人とともに暮らしてきた鳥だ。どんな環境変化が起きているのか発見したい」と話す。【田中泰義】

【関連ニュース】
<写真特集>放鳥トキ:巣にカラス侵入、卵捨てる ふ化厳しく
<毎日動物園・鳥類別館>カラスの数は? 上野動物園前でえさを待つ
<写真特集>小笠原の動植物 アカガシラカラスバト(絶滅危惧種)
<写真特集>スズメの焼き鳥:100年の名物ピンチ 退治、御利益ありすぎた? 京都・伏見
タンチョウ保護−−北海道・釧路湿原

詰め寄られ「県内」「徳之島」沖縄でも迷走(読売新聞)
児童ポルノサイト遮断、年度内に=法的課題を整理−総務相(時事通信)
反捕鯨SS船長、27日に初公判 東京地裁(産経新聞)
TBS社員名乗り詐欺容疑(産経新聞)
<殺人未遂容疑>交際男性の胸刺す 45歳女を逮捕 東京(毎日新聞)
[PR]
by bzhprkpgwq | 2010-05-12 01:31
 前原誠司国土交通相は23日の閣議後記者会見で、高速道路の新料金案見直しを求める小沢一郎民主党幹事長について「(財源を)高速道路整備に充てると割引は減る。これで値段が上がると言われるのは二律背反だ」と述べ、批判した。車種ごとの上限料金を柱とする新料金案は、昨年12月の党要望にある、割引財源を道路建設に回す仕組みを踏まえており、「値上げになるのはおかしい」との小沢氏の主張に反論した形だ。
 前原氏は、小沢氏が新料金案に関連し「役所を説得できないとこうなる」などと指摘したことに対しても「まったくの事実誤認。話をするときは調べてされた方がいい」などと反発。「現時点で料金を見直すことは考えていない」と改めて強調した。 

【関連ニュース】
【動画】東日本高速道路 道路管制センター
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
【Off Time】街ある記-富山県魚津
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜

酒気帯びでタクシーと衝突 運転の男逮捕(産経新聞)
<被爆マリア像>欧米の巡回展示へ…長崎を出発(毎日新聞)
堺事件容疑者「泣かれイライラした」(産経新聞)
81歳タクシー運転手、無免許容疑…半年乗務か(読売新聞)
妊婦の抗ウイルス薬投与で副反応調査へ―新型インフルで日産婦学会(医療介護CBニュース)
[PR]
by bzhprkpgwq | 2010-04-24 17:46
 宝塚音楽学校(兵庫県宝塚市)で17日、第98期生40人の入学式があり、タカラジェンヌへの第一歩を踏み出した。倍率25.7倍の難関を突破した新入生たちは、グレーの上下に赤いちょうネクタイという伝統の制服に身を包み、晴れやかな笑顔で臨んだ。

【関連写真特集】サクラ咲く! 宝塚音楽学校で合格発表 2010年3月

 岩崎文夫校長が「伝統を受け継ぎ、厳しい学校生活を乗り切って一層輝いてほしい」と激励。新入生総代の林枝里香さんは「立派な舞台人になるよう精進します」と述べた。新入生は在校生から竪琴(たてごと)のデザインが入った校章を胸に付けてもらうと表情が引き締まった。2年間の学校生活でバレエや声楽などの基礎を身につけ、12年春の舞台デビューを目指す。【山衛守剛】

【関連ニュース】
【写真特集】宝塚音楽学校:第96期生38人、紋付きはかま姿で卒業式 2010年3月
<特集>すみれ便り
見つめたい:タカラヅカ歳時記/最終回 「夢を見る力」=小池修一郎
タカラヅカ歳時記:/10 “横綱”たちのその後=小池修一郎
感じたい:ピックアップ 水夏希 「ベルばら」に育てられ、男役に全力の花道

高崎自然動物園 名は「クロマグロ」、でもサルです 大分(毎日新聞)
<制度改革>議論スタート 株式会社、農業参入促進など(毎日新聞)
無免許で高速道路逃走、最後は駆け足(読売新聞)
普天間問題 徳之島で1万5千人が移設反対集会(産経新聞)
阿久根市長ブログ「カネに汚い例」裁判官批判(読売新聞)
[PR]
by bzhprkpgwq | 2010-04-21 23:55
 日本原子力産業協会は14日までに、今年初めの時点で、世界で建設中の原子力発電所が15カ国・地域の66基(計6513万キロワット=kW)と、昨年から14基(計1738万kW)も増えたとの調査結果を発表した。世界で運転中の原子力発電所は432基(計3億8915万kW)で、昨年と変わらなかった。
 建設中の原発は、特に中国が多く、26基(計2944万kW)と、昨年に比べ倍増。続いてロシアが10基(計838万kW)、韓国とインドがともに6基(韓国は計680万kW、インドは計316万kW)だった。世界の原発建設計画も、8基増の74基(計7460万kW)となった。 

【関連ニュース】
大学入試センター、民営化を検討=研究開発独法は整理統合
原発推進の利点強調=新政権初の原子力白書
インフラ輸出に意欲=3日の日中財務対話で
ずさん定検で運転停止へ=島根原発、100超点検漏れ-30年以上未点検個所も?
放射性物質の分析装置に焦げ跡=環境、人体に影響なし

時効撤廃・延長法案を可決=人命奪う犯罪対象−参院法務委(時事通信)
長崎警官重軽傷 容疑者を特定、殺人未遂容疑で指名手配(毎日新聞)
停車中の都営バスに追突、乗用車の男性が重体(読売新聞)
14日も暴風、高波に警戒を=北海道と東北−気象庁(時事通信)
ドミノ・ピザに強盗、捕まえてみれば元社員(読売新聞)
[PR]
by bzhprkpgwq | 2010-04-20 00:46
by bzhprkpgwq | 2010-04-13 01:43
 城下町の風情を残す鳥取市鹿野町に観光客の立ち寄り施設「鹿野往来交流館・童里夢(どりーむ)」が完成、3日にオープンする。喫茶や土産物コーナー、展示ギャラリーのほか、会議などに使える貸し出し用の和室を整備。地元関係者らは、新たな観光拠点にと期待している。

 平成6年に旧鹿野町が始め、合併後に同市が引き継いだ町並み整備事業の一環。同施設は昨年10月から工事が進められていた。旧山東農協の跡地約1650平方メートルに、県産材で延べ410平方メートルの和風建築が完成した。

 同事業ではこれまで、城下町の雰囲気にマッチしたカラー舗装や常夜燈、あい染め体験工房に観光案内所などを併設した「鹿野ゆめ本陣」、地元食材によるメニューが売り物の飲食施設「夢こみち」などを整備してきた。風情を味わえる散策ルートとして観光客らにも好評で、童里夢のオープンにより、さらに受け入れ態勢が整う。

 同町は観光地としての認知度も高まりつつあり、昨年は1万7千人が来訪。地元では、観光客の増加傾向が続くと見込んでいる。

【関連記事】
チューリップなど見ごろ間近、淡路島の花みどりフェア好評
広島・宮島で「こども神楽祭り」
“幻の魚”リュウグウノツカイに驚き 萩博物館で公開
姫路城の桜が開花 兵庫
宮島で清盛まつり 厳島神社への武者行列再現

<平城宮跡>第1次大極殿ライトアップ 古都の夜空照らす(毎日新聞)
首相またまた開き直り 普天間期限「法的に決まってない」(産経新聞)
受けて立つ!清水女流2冠が将棋ソフトと対戦(スポーツ報知)
「平和的に体制変換を」=黄元書記、拉致家族ら前に講演−東京(時事通信)
<掘り出しニュース>「本荘ハムフライ」復活を 商店街店主ら意気盛ん(毎日新聞)
[PR]
by bzhprkpgwq | 2010-04-08 01:59